クリエイティブハウス ポケット

プライバシーポリシー

2022年03月30日 クリエイティブ

【POCKETカレンダー制作秘話】テーマ設定や作画について!

すっごいカレンダーを手に入れちゃいましたっ!

こんにちはっ!!はじめましてっ!(*•̀ᴗ•́*)و
有限会社クリエイティブハウスポケット公式キャラクターのぽけっとちゃんですっ


今年のPOCKETオリジナルカレンダーが激アツですっ!🔥

その真相を探るべく…企画から制作に携わった社員さんにお話を聞きたいと思いますっ✨
よろしくお願いしますっ🎶

 

では簡単に自己紹介からお願いします!

S美紹介ページ

S美:入社10年目になります!アートディレクターをしているS美です!
特技は、お客様の「イメージ」を具体的な言葉に置き換えることです!

しいずけん紹介ページ

しいずけん:入社2年目になります。イラストレーター兼アートディレクターをしております、しいずけんと申します。宜しくお願い致します。

 

プロジェクトの中心は23歳の2年目社員!?

ぽけっとちゃん:本題の前に気になったのですが…
しいずけんさんは2年目?つまり…23歳ですか?

しいずけん:一応、3月でひとつ年をとってしまうのですが。そうなんです(笑)

S美:23歳なんだ!若すぎてビックリした!えぇ凄いなぁ〜。

ぽけっとちゃん:あれ?
今回のプロジェクトはしいずけんさんが中心で進められたんですよね?
えーっと…先輩のS美さんは若手に任せる不安とかは無かったんですか?

S美:うーん…不安ですか?そうですね。
しいずけんさんはとても優秀で、普段の通常業務から2年目社員だという不安を感じさせないくらいの働きをしてくれているので、不安どころかとても安心して任せてました!!

しいずけん:言われると嬉しいですね。でも先輩方のサポートがあったからこそです。

S美:ですね(笑)
私とイラストレーターのみ〜さんが基本的にフォローをしつつ進行して行きました!

ぽけっとちゃん:経験年数に関係なく大きなプロジェクトにも挑戦出来るのですねっ!!
ぽけっとちゃんも早くしいずけんさんみたいになりたいなっ!

 

本題!なぜカレンダー制作をしようと思ったのですか?

S美:えーと。
カレンダー制作自体は今回が初めてではなくて以前から作っていたんです。
ただ以前のものでは満足してない所があり、方向転換した感じですね。

ぽけっとちゃん:そうだったんですねっ!詳しく教えてくださいっ!!

S美:以前のものは、自分達が作りたいイラストというよりは営業用に近かったんですよね。
ですけど…今のポケットは画力が高いイラストレーターや、発想力豊かなイラストレーターが多いのもあって勿体なさを感じていて。
今回は自分達が作りたいイラストで12ヶ月分ゲームチームでチャレンジしてみようと思いました。

ぽけっとちゃん:ほ〜!なるほど!!ではしいずけんさんは?

しいずけん:僕はですね、弊社ポケットが今後イラスト業界だけではなく、他のクリエイティブな業界にも参入していきたいという展望があるというのをお聞きしていたので。
ポケットが持っている企画力や発想力をアピール出来る場が、カレンダーの制作かなと思い実践してみました。

ぽけっとちゃん:つまりは、お二人ともポケットの制作力や企画力を外にアピールしたい目的がありカレンダー制作をしたという事ですねっ!

S美:そうですね!!簡潔に言うとそんな感じです!

しいずけん:ありがとうございます。

12月 Title:Grandpa’s Holly Jolly Gift イラストレーター:NgN

こんなカレンダーにしたい!という構想はありましたか?

ぽけっとちゃん:「ポケットの制作力企画力を伝える」以外にもありましたら教えて欲しいですっ!

S美:「ポケットらしさ」ですかね。
クリエイティブな会社さんってどの企業さまもそれぞれの強みとなりうる、その企業のカラーみたいなものがあると思うのですけど。カレンダー企画は社外に発信するものなので、「ポケットのカラー」「ポケットらしさ」を出したいと思ってました。

しいずけん:僕は、カレンダーを受け取った人に感動して欲しいと思っておりました。
あとは、そうですね。自分達も楽しんで物作りをするという事に重きを置いていたと思っています。

S美:うんうん。自分達が楽しむことも大事にしてたね!
あ〜!思い出したんだけど、今回のカレンダーのテーマが「童心」で子供の頃を思い出して欲しいという気持ちで12ヶ月のイラストを作ったんです!
楽しい気持ちになって欲しい!ワクワクして欲しい!と思ってました!

しいずけん:僕はノスタルジックなテイストとかに自分を重ね合わせて心を動かして欲しい!そんな事が出来たら良いな!と思っておりました。

S美:そうそう!カレンダーを受け取った人が、子供の頃を思い出してノスタルジックな気持ちに浸る感じ!それで、懐かしい気持ちやワクワクする気持ちになって欲しいなと思ってテーマを「童心」に決めたんだよね!!

2月 Title:全力雪合戦!

カレンダー全体のテーマは『童心』

ぽけっとちゃん:カレンダーのテーマが『童心』という事でさらに聞いて行きたいですっ!!

S美:「童心」というテーマになる前にいくつかテーマの候補が出てたんですよ。
それぞれ良い案だったのですが、その中で1番「ポケットらしさ」を伝えられるものってなんだろう?とチームで話し合った所「童心」だよね!と真っ先に選ばれた感じですね。
何で「ポケットらしさ」で「童心」に繋がったかというと、ポケットのオリジナルコンテンツのアンベビの秘密基地とかの影響があると思うんですけど。
ポケットは明るくて可愛い絵作りが得意なので、全面に出せそうなのが「童心」というテーマだったという訳です!!

ぽけっとちゃん:「童心」って言葉だけだとピンと来ないと言うか…人に寄って捉え方が変わりそうな言葉ですが…。

しいずけん:そうですね!まさに「童心」の捉え方は2パターンに分かれるね!という話が議題にもなりました。1つ目は「子供が楽しんでる絵」2つ目は「子供の頃を憧れて、懐かしむ大人の感情」
それで、どっちだろうと考えた時にやっぱり「子供の頃を憧れて、懐かしむ大人の感情」懐かしさが溢れたり、自分の幼い頃と重ね合わせたり…。まさに「童心に帰れる」の「童心」かなって!
改めて言葉の意味も調べて、大人が感じる気持ちというものだよね!とチーム内でも合致しました。

ぽけっとちゃん:カレンダーの中のイラストで言うと例えば4月みたいなっ!?
「今はもう互いに大人になったけど、あの頃みたいに…」のような感じですかね?

テーマの『童心』が分かりやすく描き現れた4月イラスト

4月 Title:いつまでも変わらない君と僕の関係 イラストレーター:ひややっこ / 味噌煮 / しいずけん

S美:そんな感じ!4月は絵として1番分かりやすいですね!一応テーマは初恋なのですけど。

ぽけっとちゃん:え!初恋だったんですねっ!!

S美:初恋と言うか小さい頃の恋と言うか…恋心みたいなのが今も続いてる状態であの頃と変わらないよね。というのがテーマだったのかな?

しいずけん:絵の中にスーツ姿のキャラが登場しているのですが。スーツの2人を入れてるのは、例えば「子供が夕焼けの中を歩いてる絵」だと、ただ見るままの「子供が手を繋いで歩いている絵」になってしまい「童心」には繋がりにくいみたいな話もチーム内では出ていて…

童心に繋げる為にどうやって構図を作っていくのかはすごく拘ったなという記憶があります。

ぽけっとちゃん:では他の月のイラストも、4月の初恋みたいに表には出てないけれどもシチュエーションや設定は事細かに決めていった感じですかね?

S美:かなり細かく決まってる方かなと思います。

 

イラスト以外での見どころは?

ぽけっとちゃん:イラストへのこだわりは強いと思いますが、それ以外にもこだわりはありますか?

しいずけん:表紙とかレイアウトにも気を使いましたね。

例えば表紙だと受け取った時に最初に目につく箇所なので、より強くテーマに沿ったデザインを考えて頂きました。

グラフィックデザイン:@子

S美:そうだね!中央の文字もワクワク感に繋がるように、カラフルで踊りそうな書体でお願い!とデザイナーに依頼しました。あとは、記憶とか昔を連想させる為にフィルムを入れて頂きました!

しいずけん:あとは、日付面のイラストの下に簡単なストーリーを入れてて。このイラストはどういう状況なのか分かるように。見る人もテーマにフォーカス出来る仕掛けを作りました。

ぽけっとちゃん:なるほどっ!!確かに6月のイラストも絵を見るだけだと幻想?何だろう?となったのですが、「雨の日に出会ったフシギなお友達」と言われると「私も小さい頃こんな事考えてたなぁ〜」ってなりますねっ!!

S美:そうですね。今回はイラストの設定を事細かく決めた分、1枚のイラストだけでは伝えきれない部分があったので。キャッチコピーじゃないですけど、一文を入れる事で設定を感じてもらえる様にしました。

 

特にこだわって制作された所はありますか?

6月 Title:水たまりの友達 イラストレーター:さわら / 3V

しいずけん:各月のテーマやシチュエーションの設定にはこだわりましたね。

S美:例えば今話に出た6月ですと、中にいる恐竜があえて簡素な単純なデザインにしていて…
と言うのも子供が想像できる範囲の恐竜のイメージで描いてます。

ぽけっとちゃん:へぇ〜!このイラストって、男の子が恐竜のデザインのカッパを着てて、男の子の姿が水溜りに映ってるだけなのに「ここには恐竜さんがいるんだぁ〜!」って空想を広げてるイラストですよね?

しいずけん:ああ!!違うんです!!!あぁ〜でもそういう見方もあり得ますね。

S美:実は実はそれは、水溜りから石が出てて「この石ってもしかしたら…水溜りの中に僕の好きな恐竜が居て顔を出してるんじゃないかな?」って想像してる所なんですよ!

ぽけっとちゃん:え?と言う事は、水面から出てる恐竜の鼻は本当にある石だったんですねっ!

しいずけん:もしかしたらそうじゃないのかな?という子供の妄想で恐竜が見えていて。
水溜りの恐竜とカッパのデザインが似てるのは、少年は恐竜が好きだからという設定です。

ぽけっとちゃん:え!面白いですねっ!

 

1月のイラストのテーマは?

1月 Title:僕の初夢 イラストレーター:しいずけん / NgN

しいずけん:1月は少年が見た夢の中の世界という設定で。
初夢に見たら縁起が良い『一富士二鷹三茄子』をテーマにしております。
細かな設定は色々あるのですが、少年の体がパッと浮いてるのも夢の中だからでして。
背景も正月という事もあり和風ファンタジーなのですが、通常の和風建築ではなく子供が想像した世界を描いています。例えばダルマの形をした家とか、五重塔がダルマ落としになっていたり、地面にはカルタが敷き詰められています。
空間にオモチャを散りばめて、子供の考えなのでチグハグだけどなんか面白いよね!楽しいね!と感じる夢を想定して描きました。

S美:夢ならではのチグハグ感みたいなね!

 

イラストに寄って絵柄や雰囲気が凄く違いますね!

ぽけっとちゃん:9月なんかは手前と奥でも絵柄が全然違いますよっ…!

9月 Title:おばあちゃんと孫のガチバトル イラストレーター:み〜 / タタタ UIデザイン:@子

 

S美:実は、手前と奥ではイラストレーターさんが違いますね。手前がみ〜さん。奥がタタタさんです。
手前のおばあちゃんと孫はコミカルに表現したくて、マンガ系のようなオーバー表現が得意な方に依頼して。奥は、ゲームのキャラクターの強そうな感じを出したくてリアル系の絵柄が得意な方に依頼していてます。あとはUI部分、HPゲージとかその辺りのデザインもまた別のグラフィックデザイナーに担当してもらいました。

 

11月のイラストレーターさんはどう決めたんですか?

しいずけん:11月は先にテイストを決めてたんですけど、イラストレーターが中々決まらなくて。「こういうテイストでこんなイラストがあるのですが、描きたい方はいませんか?」と社内で公募してみたんです。

11月 Title:好きなものばーーっかり!しあわせ〜! イラストレーター:眠兎 / しいずけん

しいずけん:やってみたいと名乗り出てくれたのが眠兎(ミント)さんだったんですよ。
眠兎さんが普段描いている絵柄がテーマとすごくマッチしていて、食べ物も美味しそうでしたし、求めていたタッチにも近かったので、是非と依頼しました。

ぽけっとちゃん:眠兎さんって2年目社員さんですよね?キャラも食べ物も担当されたなんてスゴいですねっ!!

S美:そうです!はい!

その他に変わった絵柄の月はありますか?

S美:普段の業務でのゲームイラストはアニメ塗りか、ゲームのタッチに合わせた厚塗りか?その2パターンが多くて、あんまりふんわりした水彩塗りとかはチャレンジする機会が少ないんです。
なので今回はゲームイラストっぽくない「ほっこりしたタッチ」にも挑戦しようとしました。

ぽけっとちゃん:ほっこり系のタッチだと例えば何月ですか?

S美:クリスマスの12月もそうだし食べ物いっぱいの11月もそうだね!
7月もゲームイラストっぽくはないですね!線画も鉛筆風ですし、塗りも水彩っぽい軽やかさもありつつ、塗り重ねも多かったりとイラストレーターのタッチが色濃く出てますね。

7月 Title:ようこそ!フシギな水中水族館へ! イラストレーター:F

S美:担当されたのはイラストレーターのFさんなんですよ。

ぽけっとちゃん:あ!Twitterでも人気の高いFさんのイラストだったんですねっ!

【前編】あとがき

インタビューはまだまだ続くのですが、アートディレクターのお二人のトークは如何でしたか?
ぽけっとちゃんは裏話を沢山聞けてとーっても楽しかったです!!
【後編】では苦労した点やキャラクターデザインについて聞いて行きたいと思います!!
後編のリンクはこちら


ではでは、まーったね〜!!٩(*´◒`*)۶

< 前へ 一覧に戻る 次へ >