クリエイティブハウス ポケット

プライバシーポリシー

専門学校卒業後、2018年入社。
手がとても早くて、厚塗りが得意。
コンセプトアートを主に担当しています。
これを描いて欲しいと依頼すると、期待以上のモノが上がってくる!

イラストレーター

NgNさん

NgNさんインタビュー

イラストレーターになろうと思ったきっかけと入社の経緯を教えてください
子供の頃から絵を描く事が好きでした。
イラストの専門学校を卒業後、
知人の紹介でPOCKETを知り、ここなら自分の夢が描けると思ったのが入社のきっかけです。
POCKETに入ってよかったと思うのは何ですか?
社内のみんなが優しい。イラストを描く環境が整っている。 
会社のポートフォリオとして、得意なイラストを描いており、
自分のイラストが仕事に繋がることに、やりがいを感じています。
この仕事の大変なこと・辛いことはなんですか?
好きな仕事なのであまり辛いと思うことはありませんが、
時間を掛けて描いても、イメージ通りに描けないとき。
あとは、得意な仕事と不得手な仕事があり、
不得手なケースでクライアントからフィードバックが来ると辛いですかね(苦笑)
イラストを描くときに心がけていることは?
妥協せず、できる限り力を尽くして、ベストなイラストを描くことを徹底しています。
他のイラストレーターの絵を沢山見て、自分の絵に生かすことが上達するコツかな?
ただ、どこが良いところか理解して描かないと、コピーするだけになってしまうので気を付けています。

どんどん仕事の幅を広げてゆきたい

今後POCKETでチャレンジしたいことは?
自分のスキルを伸ばしてどんどん仕事の幅を広げてゆきたい。
アフターエフェクト(アニメーション)を学校で少しやっていたので、興味があります。
POCKETではアニメーションの同好会に入っています。
ありがとうございました!
NgNさんのプロフィールは下記リンクからもご覧いただけます!
VIVIVITでエントリー

専門学校卒業後、2019年入社。
絵が上手だね!と褒めても、謙遜して絶対に認めないタイプ。
絵に対する理解や、妥協したくないという気持ちをしっかり持っています。

イラストレーター

ぬいさん

ぬいさんインタビュー

POCKETに入社を決めたきっかけはなんですか?
好きなことを仕事にできたらと思っていました。
高校時代、陶芸家になろうか、イラストレーターになろうか悩んだ結果、イラストの道に進みました。
会社はイラストを描く環境がとても良いと思います。
仕事の大変なこと・辛いことはなんですか?
私の場合、まだまだキャラクターの絵柄を似せるのが大変。
ミーティングをした時に自分が「これはいい!」って盛り上がったものじゃないと納得いかない。
でも好き嫌いだけで判断するのはダメなのも分かっているので、自問自答の毎日です。
仕事のやりがい・楽しいことはなんですか?
チームで盛り上がっているとき。
「これかわいいよね!」とか、描いた絵を可愛いって言ってもらえると嬉しい。

「AngryBabyz」の出展を重ね、グッズを一から作ったことで、アンベビに対する愛着がより強まりました。
毎回デザインフェスタでの反応や、グッズを作ることがとても楽しいです。
イラストを描くときのこだわりは?
自分のイラストに萌えること。
「このポーズとこの表情かわいい!」と思いながら描くと、いいかんじ。
良い絵が描けた時は「やばいめっちゃかわいい!」と口に出してしまいます。

ビビットなキャラクターグッズも作ってみたい

今後POCKETでチャレンジしたいことは?
アンベビのグッズ作るのが楽しいので、今後もっともっと作りたい。
現在のふんわりしたテイストのアンベビではなく、パンチが効いているビビットなキャラクターグッズも作ってみたいです。
ありがとうございました!
ぬいさんのプロフィールは下記リンクからもご覧いただけます!
VIVIVITでエントリー